なたまめ茶は基本的にノンカフェイン!ブレンド法によってはカフェインが入っている場合も

コーヒーや紅茶を寝る前にたくさん飲むと眠れなくなると言われますよね。これはコーヒーや紅茶に含まれるカフェインの覚醒作用が原因です。カフェインをたくさん摂取すると頭痛がしたり、眠りが浅くなることもありますので、子供や妊娠中の人は特に摂取量に注意する必要があります。

 

なまため茶は基本的にはカフェインが含まれていませんので、ご家族どんな方でも安心して飲むことができます。なまため茶の商品によってはカフェインを含んだ素材がブレンドされていることもありますので、購入前にしっかりと確認しましょう。カフェインが含まれていないなまため茶を選べば安心です。

 

なまため特有のすっきりと香ばしい味はお茶好きの人からも喜ばれる美味しさです。いつも飲んでいるお茶をなまため茶にするだけで、身体も喜び、口臭などお口の悩みにも効果的です。

 

カフェインにはどんな作用があるの?

 

一般的にもよく知られているカフェインですが、飲み物などから摂取すると、精神を興奮させたり、胃酸の分泌を増やしたり、利尿作用があると言われています。また血管を広げて血流が多くなり、頭痛の原因となったり、眠れなくなったりすることもあります。カフェインが含まれる食品としてはココアやチョコレート、コーヒーや緑茶、紅茶などがあります。

 

カフェインは身体に大きな作用を及ぼしますので、特に小さな子供や妊娠中の人は摂取量に気をつける必要があります。カナダやアメリカでは子供のカフェイン摂取に対して関心がとても高いと言われています。

 

妊娠中の人はカフェインに要注意

 

妊娠中の人はカフェインの摂取量に注意する必要があります。妊娠していないときと比べてカフェインが体内で分解されるまでに時間がかかり、お腹の中の赤ちゃんにも影響を与えてしまうと言われています。海外の研究では、妊娠中に1日100mg以上のカフェインを摂取した人は、流産の可能性が高くなるとされているのです。

 

しかし、普段何気なく飲む緑茶にもカフェインが含まれていますので、しっかりと気をつけないと気づかないうちにカフェインを摂取しすぎていたということにもなりかねません。そこで、妊娠中や授乳中には、ノンカフェインのなまため茶がオススメです。なまため茶ならカフェインを気にせず美味しくお茶を飲むことができ、身体によいミネラルを摂取できて免疫も強化してくれますので、日々を健康に過ごすことできるようになります。

 

ノンカフェインのなたまめ茶なら安心して飲める!

 

カフェインには多少の中毒性があるとされていますが、これは摂取したカフェインが脳の中枢神経に働きかけるためです。そのため、普段の生活で摂取するカフェインが多くなりすぎないように注意する必要があります。チョコレートやココア、コーヒーなどとても馴染み深い食品にもカフェインが含まれていますので、お茶はカフェインレイスのなまため茶を飲むのがオススメです。

 

ノンカフェインのなまため茶なら、寝る前も含めていつ飲んでも大丈夫です。妊娠中、授乳中のママや小さな子供さんが飲んでも安心なのです。家族でなまため茶をおいしく飲んで、健康的な毎日を楽しみましょう!

関連ページ

なた豆茶の飲み方
飲み方
効能と成分
主な効能
なた豆茶の副作用
副作用