生活習慣と口の中の臭いの関係性について

女性は第二次性徴を迎えるタイミングをきっかけとして、ホルモンの分泌量にも変化が訪れます。これは一度で終わるものではなく、妊娠が判明した時や、年を重ねて更年期に突入する頃にも発生します。

 

増えきったホルモンはやがてその量を徐々に減らしていきますが、その影響で口の中から嫌な臭いがはっきりと感じられることがあるようです。
少しでも抑えるには、念入りな歯磨きと、こまめな予防策を取ることが大事と言えるでしょう。

 

ホルモンが減れば臭いも薄れていきますが、子供の頃から事前に点検と洗浄を行っていれば、大人になってもそれほどきつい臭いを発することはなくなるはずです。

 

厳選!なたまめ茶の人気ベスト3

 

思春期と妊娠時について

 

小学校高学年くらいからは「思春期」に入ります。すると女性ホルモンが増えることで、歯肉に含まれている血の量も増すため、通常よりも歯肉炎を引き起こす可能性が高くなります。
歯の磨き方が足りていなければ歯茎が腫れ、歯ブラシを動かすたびに血が流れるでしょう。
悪化すると歯周病を発症してしまうため、くれぐれも気を付けて下さい。

 

妊娠の場合はつわりが起こるので、それにより唾液やPHのバランスが崩れてしまいます。そうなると口の中が汚れやすくなり、またホルモンが原因の口内トラブルに見舞われるかもしれません。

 

この時も口から漂う臭いがきつくなるので、自分自身による手入れだけで済ませるのではなく、歯医者にも診てもらうことをおすすめします。

 

更年期について

 

30歳以上になると卵巣の機能が落ちていき、50歳辺りで完全に動かなくなります。同時に月経も終わります。

 

更年期とはこの期間のことで、女性ホルモンの量が少なくなることで、体調不良や何かしらの異常が起こりやすくなるのです。俗に言う「更年期障害」です。

 

症状のひとつとして、唾液が減ってしまい、口の中が乾きやすくなるということが挙げられます。唾液は虫歯や歯周病など、口が関係する病気を防ぐ役割を担っているため、失われるとこれらの発症率が大幅に上がります。

 

また口内の臭いも消してくれる効果があるので、唾液がなければこちらも強さを増してしまうでしょう。

 

対策としては水分摂取を頻繁に行い、一定のペースで歯医者を訪ねることが最善策です。

 

ポイントはプラークコントロール!

 

女性ホルモンのバランスが大幅に変わる時期は、歯やその周辺に異常が出やすくなるので、早い段階で正しい歯磨きのやり方を身に付けて、上手くプラークコントロールをして下さい。

 

特に子供を産むと育児に専念しなければならなくなるので、なかなか歯科医に行かれません。そこでまだ胎児がお腹にいる間に、虫歯や歯垢、歯石などを取り除いておかなければならないのです。

 

治療を受ける際には、妊娠していることを忘れずに医師へ伝えて下さい。

 

口の中の臭いが強くなるタイミングは自己判断が十分可能なので、そろそろだと分かったら、今までよりも歯磨きやうがいに力を入れるようにしましょう。