口臭を改善するためにまずは口臭の原因を知ろう

本人が気づきにくいながら、周囲の人を悩ませ、その結果として本人の人間関係にも悪影響を与えかねないあの口臭。一体何が原因なのでしょうか?

 

口臭の原因のほとんどは、口の中(口腔内)の問題から生じています。その中でも特に、歯周病と舌に溜まる垢である舌苔(ぜったい)というものが原因となることが多いのです

 

まず、歯周病とは、歯に溜まる垢である歯垢の中などにいる歯周病菌が、歯茎に炎症を起こし、徐々にその範囲を広げながら炎症組織を破壊していく細菌感染症です。症状が進行すると歯を支える骨を溶かし、歯が抜け落ちてしまうこともあります。この歯周病にかかると、メチルメルカプタンなどの悪臭の原因となるガスが発生し、これが口臭の原因になります。このガスによる悪臭は非常に強力ですので、歯周病にかかると非常に強い口臭に悩まされることになります。

 

次に、舌苔についてですが、これは舌の表面に付着する白っぽい物質のことをいいます。これは、食べ物の残りカスや、舌や口の中などから死んで剥がれた細胞が原因となっています。そして、舌苔は、そういったカスなどの集まりであることから、細菌が生息しやすく、強い悪臭の原因となりやすいのです。

 

口臭の原因となる物質について

 

口臭の原因として、揮発性硫黄化合物と呼ばれるガスが、主なものとしてあげられます。このガスについては、以下の3点が複合的に影響して口臭の原因となります。

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

硫化水素は、よく言われるのが、卵が腐ったようなにおいです。温泉などで嗅いだことがあるかもしれません。メチルメルカプタンは野菜が腐ったようなにおいと表現されます。そして、ジメチルサルファイドは生ごみのようなにおいと言われることが多いです。

 

前出の通り、歯周病の場合、特にメチルメルカプタンの発生量が多く、このガスは、歯と歯茎の間にできる歯周ポケットで特に多く発生します。さらに、舌苔からも上記の揮発性硫黄化合物が多く生産されるため、舌苔のケアも口臭治療のために非常に重要になります。

 

口臭の種類の分類

 

口臭の種類のうち、一般的に「口臭がある」とされる主な場合は、病的口臭と生理的口臭の場合です。病的口臭は、病気によって口臭が発生する場合であり、生理的口臭は病気に至らないまでも体質や体調などから口臭が発生するものです。

 

そして、病的口臭は、口腔由来のものと全身由来のものに分けられます。口だけの病気が原因となるものか、口以外の全身の病気が原因となるものかという違いになります。このうち、口腔由来のものについては、最大の原因は、前出の歯周病になります。よって、歯周病治療を行うことで、口臭が治るということの確立も高くなることが多いのです。

 

生理的口臭は、体質によるものなので、起床時や空腹時などに感じることが多く、体質改善などによって治ることも多いです。病的口臭は、根本の病気を治さないと治らないことが多いです。

 

口腔内を清潔に保つことが第一

 

口臭の主な原因物質は、これま述べたように、口の中で発生する揮発性硫黄化合物と呼ばれるガスです。このガスの原因となる歯周病や舌苔を除去すること、つまり、口腔内を常に清潔に保つことが、口臭改善のために非常に重要な効果を果たします。そのためにも、まずは歯科医院を受診して、自分の口臭の原因を突き止めるとともに、どうやって直していくかについてのアドバイスも受けるとよいでしょう。

 

口臭には、自分では口臭があると思い込んでいるだけの場合もあります。その逆で、自分はそんなことは思っていなくても、周囲から指摘されて初めて口臭があることに気が付いたという場合もあります。いずれ、口臭についての悩みがあるのであれば、一度検査を受けてみると良いでしょう。また、なたまめ茶というものには、口腔内を清潔に保つ力があり、注目されているので、日頃の口腔ケアに活用できないか検討してみることもお勧めします。

 

口臭の主な原因や種類などわかってもらえたでしょうか?自分では気づきにくい口臭ですが、誰かに指摘されたら傷ついちゃいますよね?まだ自分は大丈夫と思っていても周りはどう思っているかわからないですよ!