歯周病や歯槽膿漏の基本情報と治療やなたまめの効果とは

歯周病と歯槽膿漏について

 

齢を重ねるごとに歯茎が減り、そこに歯石や歯垢が詰まっていき歯茎が腫れて膿んでしまうことを歯周病や歯槽膿漏といいます。30代程度から発症しやすいのですが気付いていない人も多数いて、歯茎から血が出てようやく気付く“隠れ歯槽膿漏”の方もいます。歯茎が赤っぽく腫れているようでしたら歯槽膿漏になっているかもしれません。

 

歯槽膿漏は虫歯を引き起きしやすく、歯の健康を害す以外に、膿んでいることで口臭にも繋がります。朝起床時に口が生臭い人は歯槽膿漏になっているかもしれません。

 

歯周病や歯槽膿漏を防ぐ方法と治療法

 

塗り薬を歯医者でもらう以外に、周期的に歯医者に通い歯石を取り除いてもらうことにより、歯周病や歯槽膿漏を防ぐことになります。そして、特別な器具を使い歯周ポケットケアをしてもらうこともできますが、保険適用外なので割とお金がかかります。

 

軽症の歯槽膿漏ならば自宅のケアで治せるかもしれません。電動歯ブラシ等で、しっかりと歯磨きを行うほかにフッ素やキシリトール等で口腔ケアをすると効き目があるみたいです。

 

なたまめの効き目

 

血行促進や代謝促進のおかげで、歯茎の膿が出てくるという効き目があると古くから言われてきました。この毒素排出効果で内部から膿を出すということが効果的のようです。

 

そして、なたまめ茶の他に、なたまめの歯磨き等もあるので、歯槽膿漏ケアや口臭を防ぐ歯磨き粉として愛用されてきています。

 

「歯磨き粉までなたまめなのはちょっと嫌」という人は、なたまめ茶でうがいをしてみたらいかがでしょうか。なたまめ茶でうがいすることで、すっきりとするので外出先で歯磨きが出来ない時にも適しています。
なたまめの効果を気に入り、自分の病院で治療に使用している歯科医師もいるようです。

 

覚えておきたい成分

 

なたまめの特徴的な成分のカナバニンは排膿作用が秀でています。この効果で歯茎に蓄積された膿を出し、健康な歯茎にするサポートをしてくれます。

 

歯周病や歯槽膿漏を防ぐためには、口内の悪い菌を減らすことが大切です。そのためには、下がっている免疫力を上げることが重要です。カナバニンはデトックス効果があるので、免疫力を上げるサポートもしてくれます。

 

そして、たくさん入っているミネラルの中で、マグネシウムとリンは健康な骨、つまり歯の形成に必要です。中でもリンが足りていないと歯槽膿漏を引き起こします。

 

歯周病や歯槽膿漏の原因である膿を出して、免疫力を上げ、歯を頑丈にする。口内環境を良くするのに、なたまめは適しているでしょう。

 

体のためにお茶として飲むだけでなく、口内環境改善のために歯ブラシやうがいになた豆茶を使ってみてもいいかもしれません。最近、口が少し臭うな・・・と感じているあなたは要チェックです!

関連ページ

むくみ・関節痛に
むくみ,関節痛
花粉症とアレルギーに
花粉症,アレルギー
切れ痔やイボ痔に
切れ痔,イボ痔