むくみや関節痛の基礎情報や対策となたまめの効き目について紹介します

むくみと関節痛の関連性

 

色々な原因で起こる関節痛を抑える効果がなたまめにはあります。なたまめには、抗炎症作用や血行促進、免疫力の上昇など色々な効果があり、これらがまとまり作用することで関節痛を抑える効果に繋がるといわれています。

 

この関節痛ですが原因の1つとしてむくみが関わっていることもあるようです。むくみなどで筋肉量が減ることにより関節痛が発症することもあります。なたまめには利尿効果もあるので、その効果で関節痛の原因の1つでもあるむくみが解消される場合もあります。

 

割と女性に多いむくみですが、筋肉量が少ないせいで体の端々にまで血やリンパを運搬する力がなく、老廃物等が上手に出ていかず滞ることで発症します。そして、女性は低血圧な人が多いので男性と比較してもむくみやすく、むくみはそのまま脂肪になってしまう場合もあります。

 

むくみにより柔軟な筋肉が減ると、関節痛を引き起こす原因にもなります。中でも、下半身のむくみは膝の関節痛に繋がるので、代謝をアップさせむくみを抑えることが大事だといわれています。

 

なたまめの効き目

 

なたまめは、昔から腎臓に効果的な野菜といわれています。腎臓は体内のデトックスを助けるための大事な臓器で、肝臓と共に代謝には欠かせない臓器です。なたまめの血行促進、代謝力を助ける効果は腎臓のデトックス効果をとても助けてくれます。

 

そして、腎臓は疲労、ミネラル不足、冷え、等により衰えますが、なたまめの持っているミネラル分と代謝力上昇効果は、腎臓に直に効果的といえそうです。

 

覚えておきたい成分

 

なたまめに入っている成分のウレアーゼは尿素をアンモニアと二酸化炭素に分ける作用がある酵素になります。このウレアーゼを積極的に摂取することで、腎臓の活動をサポートしてくれます。腎臓がしっかりと活動することにより、体内の不必要な水分が排出されるので、むくみが軽減していきます。

 

メタボ対策にも希望がもてる!

 

肝臓がしっかりと活動すると、体の代謝がアップしてきます。そうすると、日々の動きの中で消費されるカロリーもアップするので、メタボリック対策も望めます。そのうえ、たっぷりのミネラルやポリフェノールが入っているので、ダイエットをしている時の栄養サポートとしても非常に役立ちます。体内のバランスを調整するといった意味でも、なたまめは効果を発揮するのでしょう。

 

腎臓と肝臓、これらの働きを助けることで体の内側からむくみ・関節痛の改善を目指しましょう!

関連ページ

花粉症とアレルギーに
花粉症,アレルギー
歯周病と歯槽膿漏に
歯周病,歯槽膿漏
切れ痔やイボ痔に
切れ痔,イボ痔