風邪の症状の緩和や予防になたまめ茶を飲みたい

風邪を引く原因は、鼻や喉にウイルスが入ることです。ウイルスが原因で風邪を引くようになります。そのウイルスは風邪を引いている人から感染ってくるわけですが、そのときの自分の体調次第で風邪を引きやすい引きにくい(感染しやすい・感染しにくい)ということになります。つまりは、自分自身の抵抗力が弱っているときは風邪を引きやすいと言うわけです。

 

風邪を引いてしまうと、熱が出たりくしゃみや鼻水が出たり、喉が痛くなったりせきをしたりたんが出たりしてしまいますよね。なぜ風邪を引くと、くしゃみや鼻水が出たりせきやたんが出たりするのでしょうか?実はこれ、ウイルスの体内への侵入を防ぐためにカラダが防衛手段としてこれらの症状を出しているのです。

 

もしも風邪を悪化させてしまうと、扁桃炎や肺炎になる可能性があるため、なるべく早いうちに対応したいものです。

 

自宅でなたまめ茶を飲んで風邪を緩和する

 

風邪の症状が悪化すると、ひどく咳こんだり熱が高くなることもあります。ただし、熱が39度以上出てしまう、風邪以外の病気の可能性もありますので、早めに病院に行くことをおすすめします。

 

熱があまり出ずにしんどくないというのなら、自宅で安静にして治すことも可能です。覚えておきたいことは、風邪を治すために薬を飲みますが、薬は症状を緩和するためのものであって、ウイルスを撃退するものではないということです。

 

薬だけに頼らずに自宅で安静にすることも大切です。自宅で安静するということは、体を冷やさずに消化の良い食事をしてゆっくりと休むことです。なたまめ茶には、痛い喉や鼻水などが緩和されるカナバニンと呼ばれる成分が入っています。カナバニンは、炎症を抑えたり膿を外に出したりする効果があるため、鼻水や喉の違和感の緩和に効果があります。

 

風邪の辛い症状もなたまめ茶で緩和する

 

風邪を引いたら、水分を摂取しながら自宅で安静にして良くなるのを待つようにしましょう。

 

風邪の症状には鼻水が出たりのどが痛くなったりする症状がありますが、それらの症状はなたまめ茶を飲むとある程度は緩和できるかもしれません。なるべく風邪の引き始めになたまめ茶を飲むと効果が大きいですので、早めに飲んでおきたいところです。

 

いちばん大事なのは風邪を引かないこと!

 

普段からよく手洗いやうがいをし、エアコンをうまく使って温度調整をして、食事に気をつけることが最大の風邪予防です。

 

冷たいお茶やジュースや冷たい食べ物は体を冷やしてしまいます。摂り過ぎは抵抗力を弱めて風邪を引きやすい状態にしてしまいます。そういったものをあまり摂り過ぎないようにすることがなによりも大事です。

 

また、普段からなたまめ茶を飲むようにすることで風邪を引きにくくするのも良いかもしれませんね。

 

 

なた豆茶は薬ではなく自然成分のお茶だ。風邪を治すことが出来るわけではない。しかし、なた豆茶には風邪の症状をやわらげる働き、風邪を予防する働きが少なからずあることをわかって頂けただろうか?もちろん、風邪の症状が重い場合には医師に相談するのが最良の判断であることは忘れずに!